今シーズンの勝負帽子。マラソンとトレイルに大活躍間違い無し。

今シーズンの勝負帽子ということで、3つを大人買い。

  • パタゴニアのダックビルキャップ
  • モントレイルのサンバイザー
  • サロモンのヘッドバンド

パタゴニアのダックビル・キャップ

patagonia_cap

風通しがよく弾力性に優れ、小さく収納できる帽子の復活です。日差しから頭を守り熱を逃すランニングハットとバイザーのメリットを兼ね備えたオープン・トリコット・メッシュとサプレックス・ナイロン(アップデートしたバギーズ素材)を使用。フォーム製の短めのつばは視界を妨げることなく目をカバーし、ストライダー・プロ・ショーツのポケットに丸めて入れても形を維持します。汗をすばやく吸湿発散するクールマックス製ヘッドバンドを備え、フィットは後部のバックルで調節可能です。

自分は赤を選択。以前より、マラソン大会で去年のモデルを被っているランナーを見かけたり、高尾山で見かけたトレイルランナーが被っているのを見かけ自分も欲しいなと思っていました。そして今回、晴れて購入。

サイズはワンサイズということで、普段Lサイズで私はめい一杯にバックルを広げて使用する必要ありです。ただ、空気性も良く、帽子の中が蒸れません。

モントレイル ナッシングビーツアトレイル ランニングバイザー

montrail_cap

吸湿速乾性を備えたフィールドセンサーストレッチ素材によるモントレイルオリジナルランニングバイザー。大きめなバンド部分と後頭部のベルクロアジャスターにより、ランニング中も快適なフィット感を保ちます。ツバには、新タグライン「NOTHING BEATS A TRAIL」がプリントされ、裏側は反射を防ぐダークカラー配色です。

これまた選択した色は赤。女性でも利用可能かと思います。
パタゴニアのダックビルキャップとは異なり、後ろのバンドもマジックテープ式で調節も簡単にできます。主に山用に購入しました。

サロモンのバンダナ・ヘッドバンド

solomon_headcap

ソフトな肌触りで、吸湿性に優れたストレッチ素材のヘッドバンドです。日差しや天候の変化から頭を保護します。様々なアクティビティにおいて、一年を通して着用できます。

幅は大体15cmくらいでしょうか。広い額もすっぽり覆ってくれます。汗も吸ってくれるので、ランニング中に汗が目に入ってくることもありません。また、長い髪も多少サイドで抑えてくれるので、走っている時、髪の毛が気になりませんでした。