えっ、福岡国際マラソンBグループの参加資格タイムが引き上げに

こんにちは、Tackです。

私、趣味の一つとしてランニングしてて、1年に1回はフルマラソンも走っています。
走っている以上、目標を持つことが重要ですが、その目標の一つに福岡国際マラソンへ出場するというのがあります。

福岡国際マラソンに出場するには、定められた期間中において、参加資格条件をクリアする必要があります。それは、フルマラソンだったり、30kmだったり、ハーフマラソンの陸連公認記録を突破しなければなりません。

その突破すべき資格記録が昨日の大会要項発表にて引き上げられてしまいました!

今まで、フルマラソンであれば2時間40分未満だったのが今年の大会から2時間35分未満へ変更とのこと。

うげっ!って感じです。2時間40分でも夢のようなタイムだったのに、さらに5分も引き上げるとは…。

kmあたり、3分40秒で走って、それを42.195kmも走り続けなければなりません。

これは正直、参加出来る可能性0%になってしまった感があります。

が、夢は捨てず少しでも近づけたら良いかな。
(後、30分は速くならねばならないですが…)

過去10年間のBグループ参加資格記録の変遷は以下の通りです。

参加資格タイム(フル)
 2016年  2時間35分00秒
2015年  2時間40分00秒
2014年  2時間40分00秒
2013年  2時間40分00秒
2012年  2時間42分00秒
2011年  2時間42分00秒
2010年  2時間42分00秒
2009年  2時間45分00秒
2008年  2時間45分00秒
2007年  2時間45分00秒

記録の変遷を確認すると、3年毎に見直されているようですね。
ってことは2019年の参加資格は2時間30分?(琵琶湖と同じになる日も近い)

記録突破は若いうちに頑張ろうってことですかね。