Googleアドセンスのお勉強。自己クリックは厳禁!ツールの活用!

さて、Googleアドセンスも使えるようになったところで、気になるのは本当に配信された広告が機能しているかどうかっていうことかと思います。
しかし、サイトオーナー自身による広告クリックは厳禁。認められていません。
ただ、クリックしたくてもミスクリックしてしまう可能性もあるため、そんなミスクリックを回避するためのツールを導入します。

ついついやってしまう、やってみたい自己クリック

収益を得るために一番安易に考えてしまうのが表示された広告を自分でクリックしちゃえばいいじゃん。と思ってしまうこと。クリック数が増えれば収益も増える仕組みなので、クリックしたくなる気持ちもわからなくもないです。

しかし、Googleアドセンスでは、自己クリックは不正行為にあたってしまうため、要注意です。自分のサイトで配信された広告のリンク先はどんなんだろうと気になる場合も多々あると思いますが、自己クリックはいけません。警告や広告配信の停止につながる恐れもあります。

誤った自己クリックの回避に有効なツールを使ってみよう

サイトを運営すると、自分のサイトのチェックやメンテナンス、リンクの飛び先確認などする必要が出てきます。が、Googleアドセンスの広告だけはクリックしないように注意する必要があります。

しかし、作業中にうっかりクリックしてしまうことも十分に考えられます。数回だけなら、Googleも見逃してくれるかもしれないですが、出来ればそんなミスクリックは避けたいです。

そんな時に有効なツールが存在していますので紹介します。

「Google Publisher Toolbar」の導入

Google Chromeの起動

Google Chromeを起動し、「設定」より「拡張機能」をクリックします。

googleアドセンス自己クリック厳禁

他の拡張機能を見るをクリックします。

Google Publisher Toolbarの追加

googleアドセンス自己クリック厳禁

拡張機能ページより、「google publisher toolbar」を検索すると、上図のようになりますので、「+ CHROMEに追加」をクリックします。

googleアドセンス自己クリック厳禁

「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

googleアドセンス自己クリック厳禁

すると、Google Publisher Toolbarのアイコンがブラウザの右上に追加されます。

Google AdSenseの有効化

「Google Publisher Toolbar」のアイコンをクリックします。

googleアドセンス自己クリック厳禁

「Google AdSense」の「有効にする」をクリックします。

googleアドセンス自己クリック厳禁

AdSenseで使用しているGoogleアカウントを選択します。

googleアドセンス自己クリック厳禁

「Google Publisher Toolbar」のアクセスを許可します。

googleアドセンス自己クリック厳禁

Chromeの右上にある「Google Publisher Toolbar」のアイコンをクリックすると、Googleアドセンスの簡易レポートが表示されます。
画面下の「広告オーバーレイ」をONにすると、自分のサイト上の広告がクリックできないようになります。

広告の上にカーソルあてるとこんな感じになります。

googleアドセンス自己クリック厳禁

以上です。ただし、有効なのはChromeブラウザを利用した場合のみ。IEやSafariを使ってサイト確認する際は、自己クリックしないように気をつける必要があります。